公立中高一貫校

白鴎高等学校・附属中学校

ahoohji@yahoo.co.jp

都内初の公立中高一貫校です。

高校も都立の中で三番目に古い歴史を持っています。

白鴎高等学校・附属中学校の公式ホームページはこちらから

WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業

英語教育推進校

オリンピック・パラリンピック教育アワード校

国際交流リーディング校

海外学校間交流推進校

Society5.0に向けた学習方法研究校

文化推進校

予想偏差値

首都圏模試四谷大塚80四谷大塚50日能研
62575058
64595358

進学実績

東大合格者

2022年3名 2021年3名 2020年4名 2019年3名 2018年6名

東大合格者は3〜6名で推移してます。

そのほか進学実績

進学実績詳しいリンクはこちらから

令和4年度の進学実績

令和3年度の進学実績(白鴎高等学校・附属中学校ホームページより)

上記ホームページの「学習と進路」→「進路指導・進路状況」へ

住所・最寄駅

住所

台東区元浅草3−12−12

最寄駅

都営地下鉄大江戸線、つくばエクスプレス、新御徒町駅より徒歩10分

キャッチフレーズ

開拓精神

入試情報

適性検査

適性ⅠⅡⅢ

適性Ⅰ適正Ⅲは独自問題

過去問題(白鴎高等学校・附属中学校ホームページより)

平成31年〜令和3年度 適性検査問題は

上記ホームページより

「公開・入試」→「附属中学募集情報」

過去の入試状況

募集人数

160名(男80名 女80名)

応募人数2023年2022年2021年2020年2019年2018年
80名68名68名67名66名66名
8066名67名66名68名68名
合計160名134名135名133名134名134名
応募人数

2023年から男女とも80名、計160名の募集になりました。高校からの募集は停止されています。

受検者数

受検者数は年々減っていました。2023年は募集人数が増えたこともあり増えましたが、前年27名増と募集人数が増えた割には受検者数は増えませんでした。

受検者数2023年2022年2021年2020年2019年2018年
282名272名362名380名380名394名
412名437名484名484名515名520名
合計694名667名741名846名895名914名
受検者数

実質倍率

実質倍率は2023年には4.18倍まで低くなりました。

実質倍率2023年2022年2021年2020年2019年2018年
3.40倍4.00倍4.47倍5.40倍5.76倍5.97倍
4.965.98倍6.52倍7.33倍7.57倍7.65倍
合計4.18倍4.98倍5.49倍6.36倍6.68倍6.82倍
倍率

部活

運動部

硬式テニス部、バレーボール部、水泳部、バスケットボール部、陸上競技部、卓球部、サッカー部、軟式野球部(前期課程)、剣道部、バドミントン部

文化部

吹奏楽部、演劇部、理科部、茶道部、和太鼓部、囲碁将棋部、百人一首部、長唄三味線部

白鴎高附属中を受験する場合のおすすめの塾

各塾の合格実績は以下の通りです。どのような特徴が見られるでしょうか?

塾名合格者数占有率
ena73名54%
栄光ゼミナール20名15%
早稲田進学会 7名5%
早友学院
SAPIX
四谷大塚8名6%
早稲田アカデミー6名4%
日能研4名3%
臨海セミナー
大原予備校(1名公立中学校名不明
Z会37名28%
進研ゼミ18名11%

この結果から、『白鴎高付属中』を本命で考えているのであれば、ena】一択と言っても良いくらいです。他には栄光ゼミナール】もおすすめできます。

私立を中心に考えているのであれば、4大塾(SAPIX四谷大塚早稲田アカデミー日能研)】を選択するのがおすすめです。合格者数は少ないですが、より上位校の合格者数をみると、私立も都立も期待する結果に近づくことができるでしょう。

通信教育では、【Z会】はもちろんおすすめです。他に【進研ゼミ】もおすすめです。

白鴎高附属中受検の塾について詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ!( ´ ▽ ` )▼

\\『ほぼ2択!!』白鴎高附属中学受験のおすすめ塾//

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT ME
たぬき
たぬき
都立中受検三姉妹の父
初めまして。3姉妹の受検生を抱える父親たぬきです。 自身の経験から、中学受験をするのに最適な塾・通信教育・本など受検に必要な情報をお伝えします。
記事URLをコピーしました